プラスチックピープル
ベトナムの大人気ピザ屋「Pizza 4P’s」のSustainability Managerである永田悠馬氏による、レストランのサステナブルなプロジェクトに焦点をあて、Pizza 4P’sがさらにサステナビリティを突き詰めていく「過程」を追っていくオリジナル記事シリーズ「Peace for Earth」。 前回は「ナチュラルワイン」をテーマに、ベトナム初となるナチュラルワインの商業輸入達成までの過程や、ナチュラルワイン輸入に潜む品質リスクにどう対応するか、作り手の想いをどうお客様へ伝えていくかなど、サステナブルアクションに取り組む企業のリアルな現場をシェアしてきた。 ▶︎丁寧な食が「インナーピース」を育む。ベトナム初のナチュラルワイン輸入に挑戦【Pizza 4P’s「Peace for Earth」#05】 第6回目である今回の「Peace for Earth」のテーマは、ベトナム国内の「サーキュラーエコノミー」に焦点を当てる。近年、ヨーロッパを中心にサーキュラーエコノミーという概念が広まりつつある。今までの経済が「製造→消費→廃棄」というリニア(直線的)のシステムで成り立っていたのに対し、サーキュラーエコノミーとは通常廃棄されてしまうものに再び価値を与えて再活用し、地球から新しく資源を採掘することなく経済を循環させていくという概念だ。行政が主体となりサーキュラーエコノミーに取り組む動きも欧州では活発になっている一方、アジアでは比較的新しい概念だと言える。 しかしここ数年で、ベトナム国内でもサーキュラーエコノミーにつながるような動きや企業が現れ始めた。今回紹介するのは、ベトナム・ホーチミンを拠点としてプラスチックごみを価値あるものに変えようと取り組むスタートアップ「PLASTICPeople(プラスチックピープル)」社だ。Pizza 4P’sも彼らと協業を始めたが、その道のりは平坦ではない。ベトナム国内でサステナブルアクションに取り組む企業のリアルな現場をシェアする。 85%のごみがリサイクルされていない 日本からベトナムへ旅行に来た人がはじめに驚くのは、おそらく街中に捨てられたごみの多さではないだろうか。それくらいベトナムの都市部にはごみが溢れている。プラごみや、タバコのポイ捨てもよく見かける。 事実、ベトナムは世界で4番目の海洋プラスチック排出国というデータも出ている。先進国のようなきちんとしたリサイクルインフラはまだ整備されておらず、発生するごみのおよそ85%が分別もリサイクルもされずに、埋立地で山積みになっている。しかし今、その埋立地もキャパオーバーになりつつあるというのが、ベトナムの現状だ。 そんな中でも、ベトナム現地に住みながらよく観察してみると、あることが見えてくる。実は「価値のあるごみ」はきちんと回収され、リサイクルされていたのだ。「価値のあるごみ」とはつまり、リサイクル工場が買取をしてくれる「お金になるごみ」である。 例えば、ソフトドリンクのアルミ缶や、キッチン油の一斗缶などは、新しい缶を作るためのアルミ原料として容易にリサイクル可能なため、ベトナム国内でもリサイクル率は高いと言われている。他には、紙資源としてリサイクル可能な段ボール、プラごみの中では比較的リサイクルが容易なペットボトルはよく回収されている。 Pizza 4P’sからも出るこれらのごみは、資源ごみ収集の方がほぼ毎日お店を訪れて買取をしてくれている。彼女らはそれらを回収センターへ持っていき、ごみの種類と量によってお金をもらうわけだ。 ごみに価値を与える会社「PLASTICPeople」 では、価値のないごみはどうなるのか。レストランでは、お客さんの食べ残しや調理時に出てくる生ごみ、食材の包装で大量に使われているプラスチック包装、ビールやワインのガラス瓶、レシートや紙ナプキンなど、多種多様なごみが出てくる。悔しいが、それら「価値のないごみ」はほとんど全て、一緒にされて捨てられているのが現状だ。特に「アルミ付き紙パック」はジュースや生クリームといった液体の長期保存を可能にするためにプラスチック、アルミ、紙といった素材が何層にも重なり合っているため、リサイクルが非常に難しい。 そんな「価値のないごみ」に価値を与えようと取り組むスタートアップが、ホーチミンを拠点に活動する「PLASTICPeople(プラスチックピープル)」社だ。同社は、前途したようなリサイクルしにくいごみをアップサイクルし、美しいデザインの家具や建材を作っている。 プラスチックピープル社の事業は多岐に渡る。ごみからリサイクル家具を作ること以外にも、プラスチック使用量を減らしたい企業へのコンサルティング、プラスチックやごみ問題を子どもに教えたいと思っている学校での教育、最近ではリサイクル素材を使い、地方に住む人のための安価な住居「ソーシャルハウジング」も作っている。 Pizza 4P’sもこれまで、プラスチックピープル社と様々なコラボレーションを行ってきた。オフィステーブルや、店舗のベンチやバーカウンター、直近では、Pizza 4P’sの自社チーズ工房から出てくるアルミ付き紙パックのごみを回収し、店舗で使用するコースターにリサイクルするプロジェクトが進行中だ。
現場から考える、バイオプラ製バッグのリアル【Pizza 4P’s「Peace for Earth」#01】
IDEAS FOR GOOD編集部がベトナムに取材に訪れたのは、2019年の春。南国ホーチミンで出会ったのは、レストランのサステナブル化に奮闘するピザレストランだった。 レストランの名前は「Pizza 4P’s」。NY TIMESやBBC、Forbesなど世界的なメディアがわざわざ取材に訪れ、UK発の人気カルチャー誌「モノクル」が選ぶ世界のベストレストラン50にランクインするなど、今やベトナムでその名を知らない人はいないほどの大人気レストランだ。1年前の取材当初はベトナム国内に11箇所だった店舗数も、2020年8月現在、その数は当時の倍の20店舗にまで拡大しており、圧倒的な成長を見せている。(参考記事:自分の幸せが、社会の幸せになる。ベトナムのピザ屋に学ぶサステナビリティの本質) 同レストランは「Make the World Smile for Peace」というビジョンを達成するため、地球環境に配慮したさまざまなプロジェクトを仕掛けている。魚と野菜を同時に育てる循環型農業のアクアポニックスを取り入れた「Edutainment(エデュテインメント、楽しみながら学ぶ)」を体験できる店舗や、食品ロス削減のためのミミズのコンポストやレストランゴミの堆肥化、お店で出た牛乳パックのごみをリサイクルしたオフィス机の導入─。しかし、取材時に印象的だったのは代表の益子氏がレストランのサステナブル化に対して「まだまだなんです。」という言葉を、何度も繰り返していたことだった。 そんなPizza 4P’sが今回立ち上げたのが、そうしたサステナブルなプロジェクトに焦点をあてたオリジナル記事シリーズ「Peace for Earth」だ。IDEAS FOR GOODでは、Pizza 4P’sのSustainability Managerである永田悠馬氏によるコラムを月に1回の頻度で掲載し、Pizza 4P’sがさらにサステナビリティを突き詰めていく「過程」を追っていく。 ※以下は、Pizza 4P’s Sustainability Managerである永田悠馬(ながた ゆうま)さんからの寄稿記事です。 第一回目の今回のテーマは「バイオプラスチックバッグ」。世界では既に60ヵ国以上でレジ袋が有料化になり、急速な勢いでプラスチック製バッグの廃止が進んでいる。そんな中で、新たに開発が進んでいるのがバイオプラスチックバッグだ。ベトナムでもバイオプラスチックの開発は進んでおり、トウモロコシやじゃがいも、キャッサバなどさまざまなマテリアルから作られたバイオプラスチックバッグが手に入るようになってきた。 そのような状況の中、Pizza 4P’sでもバイオプラスチックバッグを、2020年3月のロックダウン中に導入。今回はその経緯や、導入により見えてきた利点、今後の課題など、サステナブルアクションに取り組む企業のリアルな現場をシェアする。 ロックダウン開始のタイミングでバイオプラスチックバッグを導入