現場から考える、バイオプラ製バッグのリアル【Pizza 4P’s「Peace for Earth」#01】
IDEAS FOR GOOD編集部がベトナムに取材に訪れたのは、2019年の春。南国ホーチミンで出会ったのは、レストランのサステナブル化に奮闘するピザレストランだった。 レストランの名前は「Pizza 4P’s」。NY TIMESやBBC、Forbesなど世界的なメディアがわざわざ取材に訪れ、UK発の人気カルチャー誌「モノクル」が選ぶ世界のベストレストラン50にランクインするなど、今やベトナムでその名を知らない人はいないほどの大人気レストランだ。1年前の取材当初はベトナム国内に11箇所だった店舗数も、2020年8月現在、その数は当時の倍の20店舗にまで拡大しており、圧倒的な成長を見せている。(参考記事:自分の幸せが、社会の幸せになる。ベトナムのピザ屋に学ぶサステナビリティの本質) 同レストランは「Make the World Smile for Peace」というビジョンを達成するため、地球環境に配慮したさまざまなプロジェクトを仕掛けている。魚と野菜を同時に育てる循環型農業のアクアポニックスを取り入れた「Edutainment(エデュテインメント、楽しみながら学ぶ)」を体験できる店舗や、食品ロス削減のためのミミズのコンポストやレストランゴミの堆肥化、お店で出た牛乳パックのごみをリサイクルしたオフィス机の導入─。しかし、取材時に印象的だったのは代表の益子氏がレストランのサステナブル化に対して「まだまだなんです。」という言葉を、何度も繰り返していたことだった。 そんなPizza 4P’sが今回立ち上げたのが、そうしたサステナブルなプロジェクトに焦点をあてたオリジナル記事シリーズ「Peace for Earth」だ。IDEAS FOR GOODでは、Pizza 4P’sのSustainability Managerである永田悠馬氏によるコラムを月に1回の頻度で掲載し、Pizza 4P’sがさらにサステナビリティを突き詰めていく「過程」を追っていく。 ※以下は、Pizza 4P’s Sustainability Managerである永田悠馬(ながた ゆうま)さんからの寄稿記事です。 第一回目の今回のテーマは「バイオプラスチックバッグ」。世界では既に60ヵ国以上でレジ袋が有料化になり、急速な勢いでプラスチック製バッグの廃止が進んでいる。そんな中で、新たに開発が進んでいるのがバイオプラスチックバッグだ。ベトナムでもバイオプラスチックの開発は進んでおり、トウモロコシやじゃがいも、キャッサバなどさまざまなマテリアルから作られたバイオプラスチックバッグが手に入るようになってきた。 そのような状況の中、Pizza 4P’sでもバイオプラスチックバッグを、2020年3月のロックダウン中に導入。今回はその経緯や、導入により見えてきた利点、今後の課題など、サステナブルアクションに取り組む企業のリアルな現場をシェアする。 ロックダウン開始のタイミングでバイオプラスチックバッグを導入