ケージフリーエッグ
ベトナムの大人気ピザ屋「Pizza 4P’s」のSustainability Managerである永田悠馬氏による、レストランのサステナブルなプロジェクトに焦点をあて、Pizza 4P’sがさらにサステナビリティを突き詰めていく「過程」を追っていくオリジナル記事シリーズ「Peace for Earth」。 前回は「ホエイの再利用」をテーマに、ホエイを使ったビール作りの経緯や、導入により見えてきた利点、今後の課題など、サステナブルアクションに取り組む企業のリアルな現場をシェアしてきた。 ▶︎【Pizza 4P’s「Peace for Earth」#02】チーズから出る食品ロス「ホエイ」をビールに 第三回目である今回の「Peace for Earth」のテーマは、ケージフリーエッグに焦点を当てる。ここ数年で世界中の多くの食品企業が、鶏をケージ(檻)に入れない飼育方法である「ケージフリー」に急速にシフトし始めている。その動きは企業だけに留まらず、国や州レベルで従来型のケージ型飼育方法を禁止する動きも活発になっている。ベトナムでもケージフリーを実践する農家が少しずつ出てきたため、Pizza 4P’sも今年中にケージフリーエッグへ完全移行することを決定した。ベトナム国内でサステナブルアクションに取り組む企業のリアルな現場をシェアする。 ケージフリーエッグとは? 普段、スーパーで手に取る卵がどのように飼育されたか考えたことはあるだろうか?世界的にアニマルウェルフェア(動物福祉)の推進を行うNGOであるHumane Society Internationalによれば、世界の鶏のおよそ90%は狭いケージに入れられて飼育されていると報告されている。狭いケージの中で育てられた鶏はまともに動くこともできないため、鶏自体の健康を損なう原因にもなっている。足腰が弱り、病気にかかりやすくなるため、寿命も短くなりがちだ。 従来型のケージ型の飼育方法と比べて、ケージフリーは動物の福祉を大きく優先する。簡単に言えば、鶏が鶏らしくできるだけ自然に生きられる環境を整えてあげるということだ。具体的には、広いスペースが確保された平たい地面で鶏を育てる「平飼い」や、屋外で自由に走り回ることができる「放飼い」などだ。他にも、ちゃんと安心して卵を産めるスペースの確保、砂遊びできる場所の確保、止まり木や遊び場を作る、など鶏がよりよく生きられるための様々な要素がケージフリーの飼育方法では考慮されている。 なぜ世界中の飲食企業がケージフリーへの移行を宣言するのか? 現在、世界中で多くの企業が「ケージフリーエッグ」への切り替えを宣言している。アメリカの小売最大手のウォルマートは取り扱う全ての鶏卵を2025年までにケージフリーに移行すると宣言。外食チェーンでもマクドナルド、バーガーキング、サブウェイ、スターバックスなど各社がケージフリーへの段階的な移行へのコミットメントを発表。さらに、マリオット、ヒルトン、インターコンチネンタル、パークハイアットなどのホテル各社も次々にケージフリーへの移行を宣言している。 スイス、スウェーデン、フィンランド、ドイツなど、すでに国レベルで従来型のケージ型の飼育方法を法律で禁止している国もある。アメリカではまだ従来型の飼育方法が主流だが、カリフォルニアやミシガンなどの州ではすでに禁止になっている。他にも、ニュージーランドが2022年までに段階的に禁止にしていくと宣言している。 ケージフリーの卵が世界的に推進されている背景には、従来型のケージ型の飼育方法がアニマルウェルフェアの考え方に反していると考える消費者が増えているためである。こうした世界的なアニマルウェルフェアへの関心の高まりが、各国や企業をケージフリーへのシフトへと動かしていると言える。 Pizza 4P’sもケージフリーへ移行開始 一方、ベトナムではまだまだケージフリーの考え方が普及しているとは言えない状態だ。野菜や果物などでは「オーガニック」や「無農薬」などの言葉は広く普及しているが、まだ卵や食肉についての理解は欧米ほど広まっているとは言えない。 そんな中、ベトナム国内でも少しずつケージフリーの方法で鶏を育てて卵を販売する農場が出てきた。この機会に、Pizza 4P’sはまだまだ少数派のベトナム国内のケージフリーエッグ生産者と提携し、今年末までにPizza 4P’s全店舗で使用する卵をケージフリーに移行することを決定した。すでにホーチミンの店舗では使用し始めており、ハノイやダナンなどの他の地域の店舗でも順次切り替えていく予定だ。